今すぐお金を借りれる所 > キャッシングについて > キャッシングのグレーゾーン金利とは

キャッシングのグレーゾーン金利とは

かつて、消費者金融でのキャッシングにはグレーゾーン金利というものがありました。これはどのようなものかといいますと、元々消費者金利の法定金利は、20パーセントが上限とされていました。それにも関わらず、20パーセント以上の金利をつけても、29.2パーセントまでであれば罰則規定がなかったため、多くの消費者金融で、法定以上の金利でキャッシングが行われていました。
 
しかし、このダブルスタンダードともいえる金利には、元から疑問の声もあり、しかも、2006年には最高裁判決で問題視されるに至ったため、グレーゾーン金利によって払い過ぎた金利を取り戻す動きが、かつての利用者の間から起こるようになりました。これを過払い請求、または過払い金請求といいます。
 
また同時に、消費者金融の経営を管理する、貸金業法そのものも見直されることになりました。その結果、2010年に施行された改正貸金業法で、グレーゾーン金利は姿を消し、法定金利の上限20パーセントに違反した業者は、処罰されることになりました。
 
過払い金請求は、最終取引から10年以内であれば、今でも受け付けてくれます。自分でも計算できますが、弁護士や司法書士に依頼した方がより正確な数字を出すことができます。依頼する場合は、その当時の取引がわかる書類、あるいは契約書をできるだけ持参するようにしてください。また、10年以内であっても、改正貸金業法以降の借入については、当然過払い請求はできませんので気を付けるようにしましょう。



おすすめの消費者金融はこちら

このページの先頭へ